2008年雑記

1階の天井工事が完結した2008年の秋以降は、さすがに改装工事の緊急性も薄れ、ようやく暮らしと仕事主体の普通の人間の暮らしを手に入れた状況になりました。

映画を観たりテレビの前でスポーツをしたりと、娯楽にも精を出します。寒くなるまでは散歩にも積極的。

100_2823.jpg

竜安寺に上賀茂神社に下鴨神社に天神さんにと、以前の超便利だったところに住んでいたときよりも頻繁に出歩けるようになりました。不便な土地柄だからこそ出かけたくなるのかもしれません。

すぐ近所は昭和臭ただよう過去の町、裏通りとか妙な建物もたくさんあります。

100_2908.jpg

今ではすっかり駆逐されてしまった喫茶店の存在も大きい。
こんな喫茶店が健在です。

100_2911.jpg

いい感じ。

と、こんなふうに家の外にも目が向くというほど改装工事は一段落も二段落もついたわけでして、そうなると工事じゃなくて小物やインテリア系(笑)に興味が移ってくるのが悲しい人間の性、いやべつに悲しまなくてもいいんですが。

100_2907.jpg

テーブルを作ったときの端材で作った窓辺のカウンター。
おもちゃと燭台に混ざってなぜかマスキングテープと199円時計がディスプレイされております。

100_2905.jpg

家中の照明が電球ですが、電球よりもさらに雰囲気が良い照明はろうそくですね。
ろうそくも沢山あります。
冬っぽいです。

最近やたらと「マイブームのガチャ柱」というフレーズを書いてきましたが、思い返せば収納に関してはずっとマイブームの繰り返しをやってきたのでした。

数年前はこのエレクターもどきがマイブームで、まあ、パーツを買いまくって家中職場中がエレクターもどきで溢れかえりました。今では余っていて処分に困るほどです。

100_2778..jpg

で、板をくっつけてキッチンワゴンか何かとして使用したりしています。

コロコロもついていて便利といえば便利なんですけど。
エレクターもどきのずっと前、20年とかそんなレベルの昔は工場っぽいアングルラックがマイブームでした。大分処分しましたがまだ持っていて、納戸代わりの映画部屋の奥には今でも4台の大きなアングルラックが鎮座しています。

今後のテーマとしては無骨なアングルラック地帯も要改善です。
今後のテーマといえば、リビングの隅のほうも気になることが。

100_2785.jpg

後ろのほうに見えるごちゃごちゃ地帯。光ケーブルの根っこ、ルーター、テレビなどがひしめいている一角です。

テレビはWiiを点けるために必要なので置いてありますがテレビ番組は写りません。92年に買ったブラウン管テレビなのにまだ生きています。邪魔です。

電気製品はごちゃごちゃしていて収まりが悪いですねえ。
この奥の地帯もいつか上手くまとめたいものです。

と、支離滅裂な無意味なことを書いているうちに2008年も暮れていくのでありました。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

完成写真

それでは天井がどのように完成したかをお送りします。
奥から表方向を望むとこんな感じ。

PICT1495.jpg
四角い穴は、換気扇の蓋や点検口が付きます。

PICT1499.jpg

棚上の開口。今から思えば、この細工に意味があるのかどうか微妙なところですが、もともとの天井高を覆い尽くしたくなかった気持ちの表れです。

PICT9249.jpg

もうひとつの開口場所の小細工、おもちゃ置き場。予告通りおもちゃを置きました。

PICT1501.jpg

苦労した配水管ジャンクションを覆う細工。隙間の絶妙な位置ににダウンライトまで仕込みました。ライトの下に小さな絵が飾れそうです。

配水管ジャンクションにアクセスするときは上部の正面を破壊します。そのため正面のボードだけ糊付けされていません。それ以外にアクセスしなければならないときは・・・まとめて破壊する以外にありません。

PICT1503.jpg

横断する配管隠しを利用した物入れ。全てパタン扉を設置。なにかと色々収納出来ます。

PICT9254.JPG.jpg

これは直近の写真ですが、パタン扉にぽっちりがちゃんと付けられているのも確認出来ます。

蛍光灯を消してダウンライトだけにするとこのような灯りになり、落ち着きます。

二箇所の照明付き開口が、まるでその上に天窓があるかのような白い光を放っていまして、これがなかなか効果的です。
今後の課題は、奥に見えるコルクを貼った壁とその上の剥き出しの棚ですね。ごちゃごちゃしているので、いずれ改造が必要でしょう。

エアコンの真下にあたるちょっとした空間、元もと厨房だったところですが、ここも要改造です。

PICT1504.jpg

倉庫と階段室への出入り口をとりあえず塞ぎました。余ったスタイロフォームに余ったクッションフロアを貼った偽引き戸です。
厨房タイルもこの際だからミッチャクロンで下地をして塗装。これにより若干居心地が良さそうになったので思い切ってこの狭い場所を事務所にしてしまいましょう。

余っていた会議机と偽エレクターで事務所部分を仮設。

PICT1701.jpg

後に会議机は撤去してもう少し大きくて綺麗なコンピュータ用の机と入れ替えましたが、この狭い事務所はエアコンの効きがないという致命的欠陥を除いてなかなかの居心地の良さです。
この場所もさらなる改良を施す日が来るでしょう。現在は構想を練っているところです。

こちらは表側の扉の横。
この壁は、外装の続きでタイルが回り込んでいる箇所です。表側はジョリパットで埋めていますので、その繋がりとして当然同じ処理をしなければなりません。

PICT9250.JPG.jpg

ジョリパットを塗ったくって、ちょうどの幅の額縁があったので置いてみました。

ちょうどすぎて狭苦しく感じますがこの額縁は邪魔だったのでここに置くことにしました。中身がないのがマグリットっぽくてアーティスティックですね。ですか?

と、いうわけで天井工事の完成をお届けしました。ここまでお付き合いいただいてありがとうございました。

最後に戒めをいくつか。

ひとりきりで行う天井造作工作ははっきりいって地獄の苦しみでした。こういう作業はみなさまに決してお勧めしません。大人二人以上で行いましょう。

古くて乾燥した木製の足場板は割れることがあるので信頼するのはやめましょう。二枚以上重ねて使うか、金属のものを使いましょう。

重要な木材は材木屋さんで仕入れましょう。安物を買ってしまうと歪みや質の悪さで効率が半減してしまいます。

調色の材料を持っていて得意だからといって適当に作った色を建築塗装に使用するのはやめましょう。補修や塗り足しの際に色が合わなくて困ることになります。なるべく塗料メーカーの型番や日塗工の番号で管理しましょう。

日曜大工は仕事に支障をきたすほど熱中するのは避けましょう。仕事が出来なくなって後で焦ります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

天井を仕上げる

大きなところは出来たので、あとは好きこのんで勤しんだ数々の小細工部分のペーパークラフト的ボード貼りの仕上げをやるばかり。

PICT1409.jpg
こういった細かい部分の工作です。その都度考えて測って切って貼っていきます。必要があれば寸三で下地を作ったり余った木を添えたりします。

PICT1415.jpg
配管隠しの延長線上に作った平もの置き場。僅かでも空間を確保したい一心で細かいデコボコがあってややこしいですがどうにかこうにか形になってきました。

PICT1410.jpg
おもちゃ置き場にする予定のここも大変ややこしいことになってきております。
コーナービートやジョイントテープも同時出動させてボードの醜さをカバー。下地パテなのか造形粘土なのか判らないような危うい工作です。

PICT1417.jpg

どうしても換気扇のダクトがはみ出てしまう箇所もありまして、そんな部分も情け容赦なくボードで小細工しています。
ここもコーナービートを造形の補強のために用いたりして、後の処理が面倒くさくなること請け合い。

そんなこんなの最後の悪あがきを経て天井造作は完了。ここまで、3ヶ月かかりました。ついにやりました。ぃやっほー。

で、ここからはいよいよパテやって塗装です。
塗装?得意得意。と余裕をカマしているかというと全くそうではなく、この時点で精も根も尽き果てていました。

下地パテの作業を開始したものの、大工工事の達成感とこれから訪れる研磨や繰り返しのパテ作業の面倒くささに体力気力共に溶け出して流れ落ちてしまっています。

下地パテ半ばにして床に崩れ落ち、天を仰いで「もうだめだ。こんなとき、スーパーマンがいてくれたらなあ」と思わず嘆いていると、なんとスーパーマンが現れました。
「普通のスーパーマンにパテは無理だ。私に任せなさい」ひげ面にドレッドヘアの大男がそういって瀕死の市民からパテ盛板とヘラを奪い取り、弾丸よりも速くパテをしごいていきます。

PICT1494.jpg

「仕事が速すぎて動きが見えない。あれは鳥か、飛行機か、それとも神か、いやちがう、あれはスーパー塗装マン!」
スーパー塗装マンは、私ならあと数日かかるであろうパテ処理を半日で終わらせてしまい、さらに見えない速度でペーパー掛けを済ますとローラーをがしっと掴んで塗料の缶に突っ込み、光の速度で塗り始めました。
気がつくとすっかり塗装を終えたスーパー塗装マンが微笑んで「困ったときには笛を吹きなさい」と言い残して去っていきました。
「ありがとうスーパー塗装マンのおじさん。よし。僕も大人になったらおじさんみたいな職人になるよ」と手を振りながら見送ると、空の色がうっすらオレンジピンクの光に包まれ始めておりました。

何書いてんでしょうか
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

電気工事

天井造作は急展開です。

N川電気の一味がやってきて、予てより用意していた2台の換気扇と9台のダウンライトを取り付けてくれました。

ちゃんと集中制御室での操作が可能なようにスイッチもたくさんです。集中制御室って何やねんですが←ただの集中スイッチコーナー

配電盤から出ているスパゲッティの中から、適切な線を利用したり足したりしながら、電気機器の取り付けが進みます。
9台のダウンライトは、奥のほうに3灯、壁側に3灯、棚側に3灯、ちょっと数が少ないのですが1灯あたりの光量がけっこうありましたので良しとしました。

墨出しは私の仕事なのでかなり悩みましたが、なかなかいい場所に決定出来たのではないかと。

PICT1400.jpg

しかしそもそも何故ダウンライトなどを付けようと思ったのでしょうか。

本来、1階は作業場ですから、蛍光灯さえあれば良かったはずです。

ところが、天井造作を始めてからというもの、もっと居心地のいい場所にもしたいという気持ちが沸き起こってきたんです。また、お客様がお見えの時もありますし、以前の工房では不可能だった来客仕様の施工はずっと望んでいたことなのですね。

おや? ということはそもそも天井を綺麗にしよう、と思ったこと自体がアトリエ内来客仕様工事の一環であったのかもしれません。

それと、意味もなく店舗が好き、バーみたいにしたい、というアホな希望があったことは否定いたしません。

蛍光灯を消してダウンライトだけにすると、大変居心地の良い空間になります。

この考え方の延長で、床のフロアタイル作戦、収納をもっとガッチリやりたい作戦、二重ガラス箇所のウインドウディスプレイ作戦など、どんどんと妄想、否、計画が頭に浮かんでまいりますがそれはまた後のお話。

PICT1401.jpg

PICT1402.jpg

換気扇は、仕事の制作をする壁側に二つです。時として吹き付け作業もやるので換気扇は必須。ただ、本気の吹きつけをするにはこんな換気扇じゃ全然駄目です。霧が拡散するし、換気扇も壊れます。あくまでも簡易ですね。

というか吹きつけ作業など金輪際したくありません。吹きつけなんかよりもカフェがやりたいの。

戯言はいいとして、換気扇やダウンライトの配線が完了したので天井ボードの残りを一気に貼っていきます。一気といっても重くて辛いのは同じだからじわじわですけど。

PICT1404.jpg

配線とダクトが済んだので天井ボードいきます。

PICT1405.jpg

こうなってこうなって

PICT1407.jpg

こうなりました。

PICT1416.jpg

おおおっ。大分出来てきました。これは我ながら天晴れです。
まさかひとりでこんな事ができるとは思いもしなかったですよ。人間、たまには発狂しなければ何が可能かわかりませんねえ。

PICT1411.jpg

憧れの職場エアコン。ここが取り付け予定地です。下地はばっちり頑丈に作りました。

気をよくしてエアコンだけは新品を買ってしまいました。
じゃーん。

PICT1414.jpg

こうして、ダウンライトに換気扇、エアコンまでが据え付けられました。

黄色い電気に綺麗な空気、涼しい風。何という贅沢。何という暴挙。何という身の程知らず。

天井完成もう少し
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

ボード貼り、天井裏収納の下地

さてこちら2008年の初夏に達する頃ですが1階天井、着々とボードを貼っていってます。

PICT1394.jpg

ボードを貼る作業が辛いので途中で違う作業を挟み込んだりするんですが、そのひとつが天井裏収納のための下地です。
点検口を設置してその周囲に床を作って物入れとして活用するのです。

PICT1389.jpg

こんな風にコンパネを裏側に仕込んでからボードを貼ります。
点検口と天井裏収納セットを各所に仕込み、秘密の隠し場所がどんどん増えてきました。
作り付けの棚の上部の開口、脚立に乗ってのぞき込むとここも立派な秘密の物置き。

PICT1388.jpg

ここはこの後ボードを細かく切って鉄骨やALCを覆ってしまいます。

フロアを横断している配管隠しのでっぱり部分。計画通りここも全部物入れです。
PICT1395.jpg

ここもペーパークラフトみたいにボードで綺麗に仕上げたら、最後はちゃんと蓋をつくる予定。

PICT1413.jpg

こういう細工を随時取り混ぜながらボードを貼っていくと、徐々に完成も見えてきます。

そろそろ自分では出来ない電気工事を久しぶりのN川電気さんに依頼する時が近づいてきました。ボードを貼ってしまう前に、換気扇やエアコンなどの取り付けをお願いするのです。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

屋上テーブル

今日は屋上のテーブルいきます。

屋上にはすでにベンチが2台と、元もと捨てるつもりだった昔使っていた丸テーブルが置いてあって、なかなか快適なビアガーデン地帯となっております。

捨てるつもりだった丸テーブル、これは室内で使用するMDFテーブルですから、屋上に放置しているとどんどん膨張して腐ってきました。

PICT1677.jpg
これがだんだん腐ってきた

よし、ではテーブルを作ろうではありませんか。やっと奮起したのが今年の春。

ベンチのノウハウを生かし、図面を作ってみました。

r_table.gif

こんなのです。ベンチより簡単。ベンチの設計図はこちら屋上ベンチ

木取りは、無駄のない2×4材に対して、天板として使う1×6材は1本につき約600mmの端材が出てしまいますがこれは仕方ありません。何か他で使えたりするでしょう。

のこぎりを引くのが相変わらずあまりにも下手糞なので、ホームセンターでカットしてもらいました。
組み立てて色を塗るだけ。
これにてついに屋上にベンチ2台とテーブルが設置されました。

IMG_0118.JPG.jpg

設置してみると、脚が貧弱なので補強があったほうがいいかなと思ったりしますが、一旦出来上がってしまうともう熱意は失われるのでどうでもいいです。壊れたら直せばいいや、てなもんです。

こうしてさらに快適になった屋上。その結果どうなったかというと、ますます屋上で過ごす時間が増え、連日のビアガーデンが日課になるという堕落ぶり。

IMG_0068.jpg
ビール飲んで幸せそうな奥様の顔出しは残念ながらさすがに出来ませんが

ずっと屋上にいると目に入り気になりだしてくる事柄が出てくるというもの。壁の汚さや夜の暗さです。

PICT1660.jpg

100_3343.JPG.jpg

せっかく美しい雲を見ていても、壁が薄汚ければ美的興奮半減です。これはちょっと頑張って壁の塗り替えやりますか。
こうして、屋上快適化計画が沸き上がってきたのでした。

寒くなると屋上には一切行かなくなるんですよねえ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

カテゴリー:屋上快適化計画へ進む

 

小細工三連発

まだまだ天井の小細工が続きます。

配管隠しの延長線上に配管がない部分があるんですが、ここはさすがに唐突に段差がなくなるのも変だし、ちょうどその配管がない部分ってのが、以前浴槽があった位置の凹みもあって変なことになっています。

そこで、配管隠しの下段をそのまま延長させて、そこに出来る空間を収納に利用することにしました。

PICT1370.jpg

まずはデッキ部分に下地を仕込んでボードを貼り、配管隠しの下面を延長させて繋げます。

PICT1374.jpg

高さはないが面積がある、これは全紙サイズの紙など、幅が広いものを置いておくのにちょうど良さそうです。

PICT1376.jpg

細かいところのボードのツギハギ、ペーパークラフトみたいです。

下面のボードは上面の塗装後に貼らないと奥に手が届かなくなるのでそれまで待ちましょう。

次の小細工いきます。

奥の方のとってもややこしいところのややこしい細工にも時間が取られました。

PICT1382.jpg

えっと・・・これはどういうことでしょうか。やってる本人もよく分かりません。何となくものが置けるスペースができあがったようです。

茶色く染めてある板の部分は、ここにエアコンを取り付けるつもりなのです。残材を再利用してます。

その後、ここはこのようなことに。

PICT1391.jpg

少々の出っぱりを無視して出来るだけ天井高を取ろうとしています。あとでややこしいのにね。

エアコン取り付け予定地の裏側はこんな感じ。あちらこちらに小さな収納スペースがあります。

PICT1386.jpg

同じ場所を右に回ると配電盤があって、その上の空間に収納ボックスを作って差し込みました。

PICT1392.jpg

文字通り差し込んでいるだけで、これは取り外すことが出来ます。

ボックスを取り外すと、配電盤から出ている電線スパゲッティを拝むことが出来ます。

つまり、電気工事がとってもやりやすい電気工事人に優しい設計になっております。

この場所の向こう側は、先日記事にも書いた、階段とフロア出入り口の中間にあたる倉庫代わりの場所です。

PICT1396.jpg

ああややこしい。
もう訳が分かりません。どうにでもな~れ。

次、いきます。

さらに間抜けなのはフロアの奥の端、トイレ上部のあたりなのですが、以前作った収納の棚というか箱が天井高より少し高い事が発覚。

それで、箱を取り外して作り直すのかと思いきや、なんと箱と天井を繋げてしまいました。
おお。これでもうこの箱は天井を解体しない限り取り出すことは出来ないのだ。わはは。

PICT1381.jpg

そしてその箱のすぐ横のスペースにはすでにパネルやスケッチブックが収納されています。

収納されているものは天井高より高いので、このまま天井を作ってしまうと取り出すことができなくなります。
それで、収納場所を変更するのかと思いきや、なんと取り出せるように天井に開口と蓋を作ってしまいました。

PICT1393.jpg

PICT1398.jpg

最終的にこのような形に。なんじゃこりゃ~。

もう天井造作どころか、忍者屋敷のような秘密の小細工作りに燃えています。

あちらこちらに収納の小スペースが散乱。きっとどこに何を入れたか判らなくなることでしょう。
(実際判らなくなりました)

秘密の収納作りに燃えた忍者、次はどんな秘密の収納を作るのでありましょう。乞うご期待。

三連発をお送りしました。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

配管隠し一新

PICT1379

一旦は可愛く仕上がったように見えた配管隠し、ここですが、あまりにも酷い施工のために随時やり直しています。

PICT1360

このごちゃごちゃした辺りを上手に隠したい。
前回みたいな出鱈目なものじゃなく、ここは実測しながらパズルを解くように組み立てます。

PICT1361

今度は天井野縁からがっちり支え、配管の修理が発生したときのために、前面ボードを外してアクセスしやすいようにも考えました。でも実際にはここは狭すぎて、万が一配管の修理が発生したりなんかしたら、やはりこの部分全部を取っ払わないと駄目だろうなあ、って感じ。

PICT1362

何とも情けない防音代わりのウレタンフォーム。端材の再利用ですんでお許しを。

これでもやらないよりはましだったようで、配水管の音がかなり軽減されました。

フロアを横断している鉄骨の両脇に寸三を取り付けて、1×6材で覆います。

この辺りを境にして、作業場と事務所を両立させたいと考えているので、いざとなれば、これを利用してパーテーション代わりの何かを作ることも可能です。

PICT1369

そしていよいよ、こういうややこしいところからボードを貼っていきました。

天井面にもボード進出。こちら側にも換気扇の下地を仕込んだりしながら、徐々に貼っていきます。

PICT1379

大きなボードを天井に貼るのは結構地獄の苦しみでした。
頭と肩でボードを支えながら片手でビスを揉むんですが、3×6サイズでこれをやるのは相当な無理があります。

地面から天井までのT字の支えを急ごしらえで作りました。でもこれも上手くいかず、結局、ボードにビスを半分埋め込んだ状態を作っておいて、頭で支えながらじわじわとビスを効かせていくしかありませんでした。
これはあまりにも辛い。

根性で乗り切ります
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

開口部の小細工

天井工程

今日もようこそ改造記へおいでくださいました。正直こんなに長引くとは思っていませんでしたがまだ更新が続いています。お付き合い感謝します。

さて2008年天井造作工事、前回の野縁を進めるの続きです。
蛍光灯の取り付けレールとH鋼の隙間を縫う絶妙な高さを維持した天井下地は着々と進行し、

天井工程

ここから、

天井工程

こうなって、

天井工程

ここまで来ました。

野縁はほぼ完了なのです。もうボードを貼れます。はっはっはっ。満足してます。

満足してくるとさらなる欲をかくのが不浄人間の特性。また新たな小細工を思いついて、こそこそと作業をするのです。
せっかくの天井高を全て覆い尽くして天井面を作るのが忍びない、その一心から思い立った小細工とは、ここです。

天井工程

ここに立ち上がりを作るつもりです。
堀込みのように開口から壁を立ち上げ、元の天井高を維持したままの小スペースを確保します。

天井工程

ちゃんと電気も仕込み、小さな立ち上がりを作りました。
ここに雑貨やおもちゃを飾って、下から見上げたときに可愛い見栄えになるようにするのです。

もう一箇所の棚の上は、天井裏収納みたいなアクセスしやすい開口を作り、こちらには普段使わない塗料の残りなどを仕舞い込む計画、ボード壁や電気も仕込みます。

天井工程

とりあえず目的のスペースは確保して、簡易的な下地はできました。

天井工程

この二箇所の開口というか立ち上がりというか小細工、これで済まそうと思っていましたが、他の場所が完成してくると未完成感が強く感じられたので、この後さらに小綺麗にするための細かい仕上げを施すことになりました。

この時点ではここで一旦中断、その代わりこの小細工癖が他の場所にも波及し、果てしない小細工へのひとり旅へ誘われることになりました。

いやまあそれほど大層なもんでもないんですが

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ

屋上ベンチ

最初は天井野縁を2×4材で代用しようと思っていたんですが、それはやめて正しく45mm角材を選択しました。そのせいで2×4材が余っています。

この余った2×4材で何か良い物が作れないでしょうか。物思いにふけるため屋上で空を眺めます。

100_2327.jpg

これだっ。

屋上で素晴らしい空を堪能できるのですが、ゆっくり寛ぐには何かが足りない。それは椅子です。

屋上に置くベンチを作ろうではありませんか。そうしようそうしよう。

というわけで簡単なスケッチだけして、さっそくベンチを作ってみました。

PICT1335.jpg

試行錯誤をしながら作ったせいで時間が掛かってしまいましたが何とか出来上がりました。

完成した後は防腐・保護塗料を塗ってお仕舞いです。
さっそく屋上へ持って上がりましょう。

PICT1487.jpg

100_2347.jpg

100_2375.jpg

これは素晴らしい。椅子堪能。

2008年の夏の空は実に素晴らしいものでした。
連日屋上でビアガーデンです。

100_2329.jpg

100_2543.jpg

100_2581.jpg

PICT1444.jpg

空が素晴らしすぎて泣けてきます。

これはもう一個ベンチを作ればさらに快適になること間違いなし。

もう一個作ることにしました。

今度は設計図を作ってみます。

1820mmの2×4材を無駄なく使う知恵を絞ります。
こんなん出来ました。木取り命。
7本の2×4材で作れる簡単ベンチでございます。

bench.gif

ベンチが2台になったことでますます快適さに拍車が掛かります。

PICT1553.jpg

PICT1597.jpg

100_2393.jpg

PICT1612.jpg

お客様が来ても大丈夫。

100_2712.JPG.jpg

ベンチが出来てみると、こんどは貧弱なテーブルが気になります。

もっと大きなテーブルがあれば、コップもおやつもたくさん並ぶでしょう。
大きなテーブル、大きなテーブル、と、新しい呪文を唱えます。

大きなテーブルに乞うご期待
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ